美女と野獣(ゴジラ)

88月 - による Author - 0 - ART WORKS DRAWING ESSAY

 

昔から、色々なシチュエーションや物語などで美女と野獣が対照的に扱われてきた。しかしこの2つの者は本当に正反対なんだろうか。そんな事はない。

美女と野獣はどちらもまったく同じモノであり事であることを、この20世紀に散々経験してきた。サミットとしての日本はゴジラと共に誕生し、科学や経済の数値的発展の中で様々な価値観を受けとめた。それなのに受けとめた端からその価値観は崩れ、まるで忘れたかのように跡形もなくなってしまう。この繰り返しが今までの日本だった。

今まで美女だったものが、数日後にはそうでなくなるばかりか野獣とさえ言われてしまう。それなら最初から美女は野獣を背負って生きていく方が楽だ。やっと日本はそのことに気が付いた。そして野獣も美女に変身する一瞬を見出した。そんな世紀末のカオスの中で、ゴジラだけがその価値を安定させた。

 

「美女と野獣」ではなく、「美女は野獣」なのである。